コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ2004

ワインの詳細

■ドメーヌ ジャイエ・ジル WA4~5つ星 IWC87-90点
 『ジャイエ』といえば真っ先に思い浮かべられるのが神様として一時代を築いたアンリ・ジャイエ氏ですが、ブルゴーニュには以外に多くのジャイエの名前を冠したドメーヌ名を見かけます。
 このドメーヌ・ロベール・ジャイエ=ジルは数あるジャイエ一族の仲でも最高の評価を受ける造り手のひとつ。
 アンリの従兄弟で『これまでバカンスというものをとったことが無い』と豪語し、若き日にはDRCの蔵で今は亡きアンドレ・ノブレと共に働いていた経歴を持つロベールが興し、息子のジルがその後を引き継いでいます。
  R・パーカー氏に『このアペラシオンではまず彼の右に出る者はいない』と言わしめたオート・コート・ド・ニュイと、クラスマンにて満点5つグラスを獲得したオート・コート・ド・ボーヌは、中でも特別級品とされます。
 とてもリスクがあるものの、その他のドメーヌよりも遅くぎりぎりまで完熟するのを待って収穫、ブルゴーニュ・アリゴテにまで全面的に新樽を使っています。というのも、ジャイエ・ジルは熟成は新樽100%で行うのを心情としている造り手なのです。通常、生産者によって違いはありますが、新樽を100%用いるのは特級かもしくは評価の高い1級畑のワインに限るというのが、一般的なイメージ。ところがロベール率いるこのドメーヌは新樽を使用しないのは、わずか0.5haで造っているブルゴーニュ・パストゥグランのみで、特級畑のエシェゾーは当然としても、驚くべき事に所有畑の大半であるACブルゴーニュ・オート・コート・ドーニュイや、オート・コート・ド・ボーヌにも新樽100%を使用しています。

 高い需要と供給量の少なさ故に市場に出回る量はごくわずかのみ。
 黒スグリ、ローストしたコーヒー豆のアロマ。新樽の使用率高い。割当品。
本 
No.467
本体価格 (税込価格)
¥5,400-   (¥5,940- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ジャイエ・ジル
産地 ブルゴーニュ
地域 コート・ド・ニュイ
地区 コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ
葡萄品種 ピノノワール
年度 2004
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・