ⅢB(トワベー)&オウモン・ルージュ2009

ワインの詳細

■ポール・マス RWG90-91点
 ヒュージョンソン氏にして『ためらいは無用。試してみるべし。中に逸品あり』と言われているように、ラングドック地方といえば「美味しくて、お手頃」な、お値打ちヴァン・ド・ペイ(地ワイン)がたくさんある地方として注目されていますが、当店一押しのコストパフォーマンスに優れるワイナリーがこのマス家の運営による一群です!

 ジャン・クロード・マス氏は現当主の長男で、弟のミッシェル氏と共にマス家の運営を任されていますが、同時に自分名義のワインもリリースしています。彼は自身のワインをⅠ、Ⅱ、Ⅲの三つのランクに分けており、「Ⅲ」は同氏の中で最上級のグレードを示します。その「Ⅲ」にオーク熟成の意の「B(バリック)」を合わせた「ⅢB」は、現在の彼の最高作品です。ワインの持つ本来の味わいを失わないようにする為、濾過も清澄も行っていません。
 「AUMON」は「ⅢB」に寄せてアンリ・バヴィエラ氏によって特別に制作された作品で、AUMON(オウモン)は、彼の造語で、その発音はフランス語で「ORMONT=黄金の丘」という意味を表しています。彼はワインの価値と南フランスの太陽の光を"金色"に、ぶどう畑の丘陵地帯を"丘"に託しました。ワインの持つ美しい色合い、まろやかでリッチな味わいを表現しています。

 底が見通せないほどの凝縮した色調。ベリー系の香りにプラム、モカ、樽のヴァニラ香が加わります。まさに、フルーツ爆弾と表現したくなる凝縮した果実味が骨格を形成、舌触りはまろやか、余韻も程ほど。コストパフォーマンス高い。生産量わずか9,600本/年。
     おかげさまで完売いたしました

No.514
本体価格 (税込価格)
¥1,600-   (¥1,728- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ポール・マス
産地 ラングドック&ルーション
地域 ラングドック&ルーション
地区 オック
品質等級 VDP
葡萄品種 メルロー100%
年度 2009
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重