シャルツホフ・リースリングQbA AP1 2009

ワインの詳細

■エゴン・ミュラー WA5つ星
 ローマ帝国時代から続くドイツ最高峰の畑。最も著名で古典的なスタイルのモーゼルワイン屈指の生産者。

 開催されるオークションでいつも驚く価格にて競り落とされ世界中のワイン愛好家を魅了させている。

 エゴン・ミュラー家の、古典的で堅く、洗練されたスタイルをもつシャルツホフベルガーは、驚くべきほどの完壁さを持っています。この醸造所が、たいへん上質の上級ワインをつくる、それも例年のようにつくるその秘訣は、8.5ヘクタールの葡萄園にて、房ごと、粒ごとの、厳選に厳選を重ねるという収穫技術によるものです。

 葡萄液や樽に移されてからも、その方針は変わらず、例えば、1984年には、80%のワインがエゴン・ミュラー家の名も付けずバルクワインとして売られ、他にQbAの等級は、”ル・ガレ"(エゴン・ミュラー家が共同経営している醸造所)の名前で売りに出されたほどです。カビネット級以上だけが、シャルツホフベルガーのラベルを付けることができるのです。

 そのセラーは、最高級の醸造所に似合わず、たいへん旧式で、ケラーマイスターのフランクの極めて保守的な徹底した方針がうかがえます。実際この醸造所ではまだ、旧式の水圧を利用した圧搾機を、高級ワイン造りに使用しています。細かい砂岩質のヴィーベルク等が存在する。
     おかげさまで完売いたしました

No.846
本体価格 (税込価格)
¥2,600-   (¥2,808- )
容量 750ml
ドイツ
生産者(社) エゴン・ミュラー家
産地 モーゼル
品質等級 QbA
葡萄品種 リースリング
年度 2009
種類
味わい 甘 ・ ・ ・ ・ 辛