オーボンクリマ ピノノワール”イザベル”2008

ワインの詳細

■オー・ボン・クリマ IWC93点
 ジム・クレデネン氏は自らの言葉で、自分たちは食事と共に楽しむべきワインを造っていると語り、巷にあるような高アルコールのモンスターワインは作らないというポリシーを持っております。
 通常のテイスティングで評論家受けがするワインはやろうと思えば造れるという皮肉の意味を込めて熟度の高いシャルドネを使い、新樽をふんだんに使用して仕上げられるのがこちらのニュイ・ブランシュ(眠れぬ夜)です。
 毎年ラベル丈夫の☆マークの中に記載されるコメントが変わることで知られ、今ヴィンテージは「RENEWAL」となっております。

 オー・ボン・クリマは1982年に設立。Au Bon Climatのワイナリー名はフランス語で 「よく露出しているブドウ園」と言う意味です。

 カリフォルニアのサンタ・バーバラ・カウンティーで栽培されたブドウから国際的に認められているピノ・ノワール、シャルドネ、およびピノ・ブランのワインを栽培しています。オー・ボン・クリマ・ワイン醸造所は、世界的に有名なビエン・ナシド・ヴィンヤードにあり、ワインメーカーでありオーナーであるジム・クレンデネンが所有しています。

 オー・ボン・クリマは1989年と1990年ともにロバート・パーカーによって“世界のベストワイナリー” として掲載されました、またジム・クレンデネン自身はロサンゼルスタイムズで1992年の“イヤー・オブ・ワインメーカー”、2001年にはフード&ワイン・マガジンで “イヤー・オブ・ワインメーカー”に選ばれています。

ジム・クレンデネンは1976年にカリフォルニア州立大学、サンタ・バーバラ校の法学部を卒業しました。21才のときにフランスでタコス(メキシコ料理)より素晴らしい世界に出会ってしまったのです。

卒業後に1カ月間ブルゴーニュとシャンパーニュの両方での滞在した彼は、法律の道にすすむよりむしろワインの仕事にキャリアを広げたほうがいいと確信しました。そして1978年から3年間サンタ・バーバラのザカ・メサ・ワイナリーでアシスタントのワインメーカーとして多くのことを学んだのです。

1981 年に1年で3回の収穫をフランスとオーストラリアで経験したことがジムのマゾヒスト的な感覚を呼び起こしてしまいました。 1982年にクレデネンは、元パートナーのアダム・トルマックと共に彼自身のワイン醸造所を出発させると決めました。オー・ボン・クリマ「よく露出しているブドウ園」を意味する)では3万ケース以上生産するまでになりました。
     おかげさまで完売いたしました

No.1016
本体価格 (税込価格)
¥5,524-   (¥5,966- )
容量 750ml
アメリカ
生産者(社) オー・ボン・クリマ
産地 カリフォルニア
葡萄品種 ピノノワール
年度 2008
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・