コート・デュ・ローヌ”レ・ゼール”2008

ワインの詳細

■エステザルグ協同組合 RWG88-88+点
 エステザルグ協同組合は、ローヌ河南部の街アヴィニョンの南西側に位置しており、加入者が10名たらずというフランス最小の協同組合と呼ばれています。協同組合といえば、多収量 低価格のブドウを生産者から買い入れて価格の安いバルクワインを造るというのが一般的ですが、エステザルグ協同組合ではそれぞれの生産者が品質にこだわったワインを造り、自らの名前をエチケットに記してリリースしています。「協同組合」としての大きなメリットは、農機具や新しい醸造設備を共同で購入したり、醸造アドバイスを受けるシステムが構築しやすいなど、品質向上に向けた資金面でお互い協力し合える点といえます。

 エステザルグ協同組合の醸造所に隣接する「レ ゼール」と名付けられた区画から生み出されるワインです。南向きのテラス状の斜面で日照に非常に恵まれた区画で、砂利の多い土壌で水はけがよく、また風がよく吹くため乾燥し病害が起こりにくいのも特徴です。醸造段階では亜硫酸を用いず、自然酵母で低温発酵をしています。

 マセラシオンも2週間行い、フレッシュな果実味となめらかな口当たりを生み出しています。味わいは、グランド ヴィーニュよりも穏やかで華やかな果実味が楽しめます。厚さのあるボディと酸がバランスよく、ほのかにローヌワインらしいスパイスや野生的なニュアンスがあります。余韻も品のよい上質なもので非常にバラスに優れた安心できる味わいです。
     只今欠品しております。次回の入荷はお問い合わせ下さい

No.1031
本体価格 (税込価格)
¥1,450-   (¥1,566- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) エステザルグ協同組合
産地 コート・デュ・ローヌ
葡萄品種 グルナッシュ、シラー主体 一部カリニャン、ムールヴェードル
年度 2008
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重