ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ"ロッジョ・デル・フィラーレ"2004

ワインの詳細

■ガンベロソッソ3グラス
 話題の「神の雫」にて「まるでイタリアの抜けるような青空から降り注ぐ太陽のようなこの1本を!」と紹介され瞬く間に市場から姿を消した逸品です。

 ロッジョ・デル・フィラーレは、1993年よりリリースされている、ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレの選りすぐりの傑作アイテムで、収穫量を抑えたブドウを選りすぐり、フレンチ・オークの樽とバリックで24ヶ月間の熟成を経て、更に瓶詰め後6ヶ月の熟成を行っています。

 深く濃い色合い、いろいろなベリーの果実味が混じり合って複雑性に富み、広がりのある上品な芳香、しっとりとした果実味の深い味わいとエレガントな深みのある力強さを兼ね備えたワインとなっています。

初ヴィンテージの1993年がヨーロッパ各国の雑誌、品評会で高評価を受けたが、その年間生産量が15,000本と少なく、入手の困難なアイテムになっています。

またフィラーレとは、古くからDOCロッソ・ピチェーノの地域内の中心にある畑の名を示し、オレンジ色の印象的なラベルは、斜面のブドウに夕陽が当たり、ブドウの葉が燃えているように見える光景がデザインされています。

 イタリアのアドリア海沿岸のほぼ中心に位置するマルケ州のアスコッリ・ピチェーノ地方で、ワイン造りを行うヴェレノージ家は新進気鋭の家族経営の生産者です。父親が自家用ワインのみで造っていたワイン造りを、小さい頃から手伝っていたエルコレ氏(現オーナー41才)が、ワインへの情熱を抑えきれずに始めたワイン造りは徐々に拡がり、現在では40ヘクタール(イタリアのワイン生産者としては小規模)のブドウ畑となりました。
 エルコレ氏は「真の職人」で、畑か醸造セラーで1日のほとんどを過ごしています。彼は想像以上に人前が苦手のようで、親しい友人との間でも、「無口な人」と思われています。一方、妻のアンジェラは、大変社交的で明るく活発な性格です。ご夫妻の性格は極端に違っていますが、見事に2人は調和して、素晴らしく幸せな家庭を築いています。エルコレ氏にとって、妻のアンジェラを無限に喜ばせることこそが、素晴らしいワインを造ることなのです。
 日当たりのよい斜面の畑から注意深くデリケートに栽培された葡萄を、各ワインのタイプにとって、最もアルコール含有量が適当となる糖度の時期に収穫します。また、ワインへの醸造は生産サイクルの重要なプロセスです。畑での作業の結果を十分生かすため、コンピュータ化された温度コントロールした醸造方法、ソフトでデリケートでダメージをもたらさないプレス、ワインの種類によって様々なサイズや種類のステンレスタンクやオーク樽を使い分ける熟成が、色、味、ブーケ、アフターがパーフェクトなバランスの品質につながります。彼のワイン造りに対する誠実さ、心からの情熱は、すでに国内外で短期間の内に高く評価され、ヒュー ジョンソンのポケットワインブックではロッソ ピチェーノの最良の生産者として、イタリアワインのガイドとして名高いガンベロロッソでも好評価を得ています。ほとんどのイタリアワインが集う展示会ヴィニタリーの品評会や、その他国内外の品評会でも毎年のように受賞しています。
     おかげさまで完売いたしました

No.1260
本体価格 (税込価格)
¥3,800-   (¥4,104- )
容量 750ml
イタリア
生産者(社) ヴェレノージ・エルコレ
産地 マルケ州
品質等級 DOC
葡萄品種 サンジョベーゼ、モンテプルチアーノ
年度 2004
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・