ブルゴーニュ・アリゴテ2005

ワインの詳細

■ヴァンサン・デュルイユ・ジャンティアル
 90年代に大きく躍進したシャロネーズ地区のなかでも最も代表的な若手ドメーヌのひとつがこちらのジャンティアル。

 アメリカ市場において「ベイビー・モンラッシェ」騒がれ、コシュ・デュリの当主から「今後のコート・ドールを担うリーダーになっていくだろう」と賞賛されるなどの逸話もあります。

 アリゴテらしからぬふくよかさを感じさせるボディ。ミネラル分豊富な清涼感味わい。温度が高いと酸が鋭く感じられますのできっちり冷やしてお楽しみ下さい。以下はインポーターの資料より

 父から受け継いだ樹齢の高い、農薬に汚染されていない、日当たりのよい、優れた土壌の畑を持っています。23歳で造ったファースト・ヴィンテージのリュリー・ブラン1996はその高貴な味わいゆえに「ベイビー・モンラッシェ」と呼ばれ、センセーショナルなデビューを飾りました。

 シャトー・ド・リュリーに隣接する70年を超える樹齢のプルミエ・クリュ・メ・カド、メ・カドより肉厚なキャラクターのメジエール、それぞれテロワールの違いと特徴が現れ、シャロネーズの可能性が発揮された素晴らしいシャルドネです。

 赤ワインは、大きな木製オープン・ヴァットで発酵、アン・ロゼ、アン・ゲーヌともに70年を超える樹齢で収穫量はきわめて低く、正統派の味わいです。チャーミングでバランスがとれ、若いうちから飲みごこちがよく、フランス国内のレストランで需要が高いために、最近は輸出量が減っています。夫人の実家から継いだニュイ・サン・ジョルジュも1997年から造っています。

 欧米のプレスでの評価は極めて高いため今ではヨーロッパ内の星付きレストランのシェアーが多く、輸出量は以前より少なくなっています。
     おかげさまで完売いたしました

No.1668
本体価格 (税込価格)
¥2,150-   (¥2,322- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ヴァンサン・デュルイユ・ジャンティアル
産地 ブルゴーニュ
地域 ブルゴーニュ・ブラン
葡萄品種 アリゴテ
年度 2005
種類
味わい 甘 ・ ・ ・ ・