レッド・カー シラー"ザ・ファイト"2005

ワインの詳細

■レッド・カー WA90点 WS88点
 以前、南カリフォルニアを走っていた路面電車のニックネームをそのままワイナリー名にしているサンタ・バーバラの「レッド・カー」。

 「我々の目指すゴールは、リッチでドラマティックなワインを造ることだ!」と熱い情熱を燃やす「レッド・カー」ですが、ワイナリー創設者の故マーク・エストリン氏は、映画脚本家からワインショップのセールスマンに転身し、2000年にレッド・カーを設立するために、映画製作者のキャロル・ケンプ氏とパートナーを組んだという、なかなか異色の経歴の持ち主です。

 ファーストヴィンテージは2000年。「THE WINDOW」と名付けられたそのワインはシラー100%で造られており、パーカーに絶賛され90点を獲得しました。

 その少ない生産量と「シン・クア・ノン」のように毎年変更される個性的なラベルで瞬時になくなるカルトワインとなりました。

 「我々はワインを愛するのであって、ブドウ樹を愛するのではない」と明言しており、古典的な手法と現代的なテクニックを使い分け、ワインからアロマやフレーヴァーを取り去らないよう、清澄や濾過は行っていないとのことです。

 ボクシングに関するサブストーリーが裏面ラベルに書かれているこのシリーズは、2005年で「ラウンド3」を迎えました。

 99%使用されているシラーは、「レティシア」という畑から、残り1%のヴィオニエは「ストルプマン」という畑から収穫されています。

 ブラックベリー、ブルーベリーにタールが香るワインは、大きなパンチ力を秘めたパワフルなもので、革やビフテキ、チェリーコークなどが幾層にも重なり、複雑さと印象深さを演出しています。ヴィオニエは、この感覚にさらなる高揚感、そして余韻を与えているとのこと。

 ノーズには、シダーのヒントも潜んでおり、今楽しむならデキャンタージュしてから味わう方がベターということですが、ワイナリー曰く「“Next Round”までセラーに寝かせておくのもアリですよ!」とのことです。
     おかげさまで完売いたしました

No.1675
本体価格 (税込価格)
¥11,429-   (¥12,343- )
容量 750ml
アメリカ
生産者(社) レッド・カー
産地 カリフォルニア
葡萄品種 シラー
年度 2005
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・