シャトー グランピュイ・ラコスト2002

ワインの詳細

■メドック格付け第5級 WA86点
 デュクリュ・ボーカイユのボリーファミリーがポイヤックに所有しているシャトー。

オーナーのグザヴィエ・ボリー氏はデュクリュ・ボーカイユのオーナー、ブルーノ・ボリー氏の実兄です。

 数年前までデユクリュ・ボーカイユを取り仕切っていましたが、現在は弟さんに任せ、グラン・ピュイ・ラコストとオー・バタイィに専念するようになりました。その後、2つのシャトーは格段にクオリティを向上させています。

ワインのスタイルは常にクラシックな正統派ポイヤック。

 がっしりした骨格と厚みのあるタンニン、カシスリキュールを思わせるような濃く深い味わいが特徴的。以下はパーカーの評価。

 出来の良いミディアムボディの魅力的な作品で、フィニッシュには荒削りなタンニンも感じられるが、良好な深みのあるルビー色をしており、ブラックカラントの趣に混ざり合った乾燥ハーブやローム質の土壌の香りも感じられる。このシャトーにしてはエレガントなつつましいスタイルで造られているが、多分5年から7年はおいしく飲めるだろう。予想される飲み頃 現在から2016年 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第4版』より』
     おかげさまで完売いたしました

No.2084
本体価格 (税込価格)
¥7,600-   (¥8,208- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) シャトー グランピュイ・ラコスト
産地 ボルドー
地域 メドック
地区 ポイヤック
品質等級 メドック格付け第5級
葡萄品種 メドックブレンド
年度 2002
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・