シュヴェルニー・ルージュ2011

ワインの詳細

■フィリップ・テシエ
 シュヴェルニーの実直な生産者フィリップ・テシエが造るガメイ主体の軽やかな赤。赤い果実を思わせるチャーミングな香り、すべるような喉越しと、ブドウそのものの旨みを十分堪能できる気品ある1本。

 15〜16世紀に建てられた王侯貴族のシャトー(城館)が数多く残るロワール河流域。トゥールとオルレアンの中間に位置するブロワの南東部、古城に沿うようにロワール河とソローニュの森の間に広がる栽培地が、シュヴェルニーです。

 深い森の中に小さな湖が点在する美しい自然に恵まれた地域で、昔から狩猟の盛んなことでも知られます。ロワール河流域は、温和な気候と肥沃な土地に恵まれた場所ですが、ブドウの栽培をおこなうシュヴェルニーのテロワールは全体的に非常に痩せているのが特徴です。

 シュヴェルニーに囲まれるように中心部に位置するのがクール・シュヴェルニーです。

 1962年、フィリップ・テシエの両親がこの地に土地を購入。ブドウ栽培をするかたわら、ホワイトアスパラガスなどの農作物の栽培に取り組みました。1981年にフィリップが家業を受け継ぎドメ—ヌを設立し、ワインの醸造にも力を注ぎました。

 現在では、実直で肩肘張らない人柄と職人的な感覚、そして郷土への愛の深さから多くの生産者たちから信頼され、ティエリー・ピュズラ、クリスチャン・ショサールらと組織化するトゥーレーヌ地方の自然派ワイン生産者のグループ「les vin du coin(レヴァンドコワン)」の代表を務めるに至りました。
     只今欠品しております。次回の入荷はお問い合わせ下さい

No.2191
本体価格 (税込価格)
¥1,857-   (¥2,006- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) フィリップ・テシエ
産地 ロワール
地域 シェヴェルニー
葡萄品種 ガメイ65%、ピノノワール28%、マルベック7%
年度 2011
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重