カンタ リースリング2014

ワインの詳細

■カンタ
 モーゼル、ヴィルティンゲンのシャルツホーフベルガー最上の部分に畑を所有し、古典的なモーゼル・リースリングの造り手として、世界的に知られるエゴン・ミュラーが南オーストラリア、アデレード・ヒルズでプロデュースするリースリング、”カンタ”。カンタとはサンスクリット語で、「愛すべきもの、美しいもの」という意味。

 カンタは2010年産から、アデレード・ヒルズ南東に位置するエチュンガにある畑から造られます。畑は1840年にまで起源を遡る由緒ある畑で、海抜480mの位置にあり、それまで数種の品種が植えられていましたが、2005年に再びリースリングが植えられました。土壌は頁岩,泥岩など細粒の堆積物から形成されるスレート土壌を水はけのよい砂質ローム土壌が覆っています。

 やや緑がかった透明色。ライムの果実とシトラスのフローラルな香りで、丸みのあるやさしい酸が広がる。ミネラルのニュアンスと心地よいほのかな残糖が余韻に伴う。
     お取り寄せできます

No.2330
本体価格 (税込価格)
¥3,150-   (¥3,402- )
容量 750ml
オーストラリア
生産者(社) カンタ
産地 サウス・オーストラリア州
地域 アデレード・ヒルズ
葡萄品種 リースリング
年度 2014
種類
味わい 甘 ・ ・ ・ ・