クール・ド・クレイ クレマン・ド・ロワール ブリュット・ロゼNV

ワインの詳細

■ドメーヌ・ド・クレイ


 ハートのラベルは、昔、「バレンタインの贈り物にしたいので、ハート型のラベルを作ってもらえないか」というあるお客様からのリクエストに応えてデザインしたところ、他のお客様にも大変に好評だったため、定番化されることになったものです。

 ラベル中央部には、「De tout Cœur!」(心から(愛しています)!)というメッセージが添えられています。

 「クール・ド・クレイ」(クレイのハート)は、モンルイの「ドメーヌ・ド・クレイ」が提供する、シャンパーニュ方式によるスパークリングワインのブランドです。

 トゥール市の東、リュソー・シュル・ロワール村に1893年に創業したこのドメーヌは、同地区最古の生産者のひとつに数えられる老舗です。

 2006年、名手であった父からドメーヌを継承した6代目アントワンヌ・アンティエは、醸造設備の刷新に着手。「家族に代々伝わる伝統的な手法を、最新の技術を用いて行うようにした」ことで、ワインの品質をさらに大きく向上させています。

 「ここモンルイでスパークリングワインを造る上で最も重要なことは、ぶどう樹の根が、底土のテュフォー(白亜(石灰岩)質)に十分に達しているかどうかです。このテュフォーから、ワインの気品や繊細さ、鮮度感の基盤となる酸とミネラルがもたらされます。私は、樹齢が50年に達した古樹のぶどうのみを使用しています」(アントワンヌ・アンティエ)。

 また彼は、「よりきめ細かな泡と、複雑な味わいを得るために」、ビン熟成期間をできる限り長くとる方針を貫いています。モンルイもクレマンも法定ビン熟成期間は9ヵ月間ですが、「クール・ド・クレイ」はクレマン(ロゼ)で実質18ヵ月間以上、モンルイ(白)に至っては実質36ヵ月間程度ビン熟成させてから出荷しています。

 テュフォー(白亜(石灰岩)質)の上に砂質粘土質が堆積する土壌。樹齢約50年のVV。シャンパーニュ方式。直接圧搾法によるロゼ化。ステンレスタンクで醸造後、18ヵ月間以上のビン熟成。ドザージュは11g/l。
     ただいま欠品しております

No.2420
本体価格 (税込価格)
¥2,500-   (¥2,700- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ドメーヌ・ド・クレイ
産地 ロワール
葡萄品種 ピノ・ノワール35%、カベルネ・フラン20%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%、ピノー・ドーニス10%
年度 NV
種類 ロゼ
味わい 甘 ・ ・ ・ ・ 辛