リースリング”キュヴェ・パルティキュリエール”2011

ワインの詳細

■ジェラール・シュレール
 アルザスにおける有機農法の先駆者。40年以上にわたり無農薬で有機栽培を実践していますが、何の認証もとらず我が道を歩みます。自然の表現とブドウの純粋さをワインにとじこめることを念じ、ピュアで純粋に品種の個性が楽しめる味わいを実現しました。高いレベルでバランスが整う、凝縮度の高い見事なワインには、ユニークな造り手の個性が美しく現れ出ています。

 シュレールの白の代表作。ピノグリにしてはドライでリッチな仕上がり。しっとりとした複雑味があり懐の深い味わいで、栓を開けてからの変化も楽しめます。

 シュレール氏は肩書きや認証は一切無関心、ひたすら7haの畑仕事に精を出し、自分の納得の行くワインを造ることを信条にしているため、その独特の味わいをINAO(国立原産地名称研究所)の検査をパスしないケースがヴィンテージがあり、この年もAOCを付与されずテーブルワインとしてリリースしています。(本人はあまり気にしてないようです)
本 
No.2443
本体価格 (税込価格)
¥2,800-   (¥3,024- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ジェラール・シュレール
産地 アルザス
葡萄品種 リースリング
年度 2011
種類
味わい 甘 ・ ・ ・ ・