ピノノワール No.21”ヴィエント・マル”2013

ワインの詳細

■コノスル
 チリ主要産地に2000ha近く(長期契約畑含む)もの畑をもつコノスルが、5年以上の歳月をかけて各地のテロワールの研究を重ね、それぞれの品種の個性を最も引き出す区画を選び抜き、誕生したシングルヴィンヤードシリーズ。

 最高峰のカベルネを生み出すマイポヴァレー、海沿いの冷涼なサンアントニオヴァレー、赤粘土土壌のビオビオヴァレー他、チリ銘醸産地の選びぬいた単一畑産葡萄のみを使用し、ラベルにはその畑の区画番号と愛称が示されています。

 「コノスル」とは「円錐の南」の意。このワイナリーが円錐型をした南米大陸の南部に位置することを意味しています。「コノスル」のふるさとは南米チリ、ラペル地区にあるチェンバロンゴの100年以上続く単一畑。朝霧が畑を冷やし、太平洋の涼しい海風が葡萄をゆっくりと熟成させ、果実に良質の有機酸と絶妙なバランスをもたらしています。その葡萄を最新設備と科学醸造法でエレガントかつ高品質なワインに仕上げました。
本 
No.2451
本体価格 (税込価格)
¥1,680-   (¥1,848- )
容量 750ml
チリ
生産者(社) コノスル
産地 サンアントニオヴァレー
葡萄品種 ピノノワール
年度 2013
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重