シャトー アムール2012

ワインの詳細

■メドック ブルジョワ級
 「シャトー・アムール」は、メドック北部のクリュ・ブルジョワ級「シャトー・パニゴン」のオーナー一族であるダダ家のカリーヌ・ルベイエ女史と、その夫ジョルジュ氏が2007年から所有するシャトー。

 歴史ある「シャトー・ラ・グラーヴ」が改名し、2009年にファーストヴィンテージがリリースされたというワインですが、こちらのコンサルタントは、テルトル・ロートブッフやラ・コンセイヤントなどの有名シャトーの顧問を務めたこともある、セシル・ムジュール氏。氏の指導の下、厳密な選果からマセラシオンや醗酵における徹底した管理などの技術革新を行い、飛躍的な品質向上を成し得たといいます。

 カシスやプルーンなどの黒系の果実、バニラ、カカオ、ザラメといった甘い香り。インク、クローヴなどのスパイスや、エレガントなロースト香も。タンニンは細かく、上品な喉越しも心地よい。十分な太陽光に恵まれたことを思わせる膨らみのある果実味がありながら、飲み疲れしてしまうような重さは無く、非常にバランスが良い。
     おかげさまで完売いたしました

No.2685
本体価格 (税込価格)
¥1,980-   (¥2,138- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) シャトー アムール
産地 ボルドー
地域 メドック
品質等級 ブルジョワ級
葡萄品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー
年度 2012
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重