エルミタージュ・ブラン”シュヴァリエ・ステランベルグ”04

ワインの詳細

■ポール・ジャブレ・エネ WA3~4つ星WA92点
 1235年にサン・クリストフの地に小さな教会を建てた騎士、 「ガスパール・ステランベルグ」から名前が付けられているとのこと。

 セパージュはマルサンヌが65%に、ルーサンヌが35%。畑は急斜面に位置しており、粘土石灰岩、砂質、小石から成る土壌で、ここに植えられたブドウの樹齢は約35年、果実は手摘みで収穫されます。

 ポール・ジャブレ・エネの歴史は1834年にアントワーヌ・ジャブレによって始まりました。ローヌ渓谷の恵まれたテロワールとワイン造りへの情熱はその次の世代である、ポールに受け継がれ、 「ポール・ジャブレ・エネ」として7世代にわたり、ローヌのエルミタージュを本拠地として卓越した品質のワインを造り出しています。近年、ポール・ジャブレ・エネでは、より品質の高いぶどうを求め、コート・ロティやクローズ・エルミタージュ、シャトーヌフ・デュ・ パプなどの銘醸地に次々と自社畑を取得しています。また、味わいの追求だけでなく、 ぶどう畑やワイナリーの環境にも配慮しており、伝統を守りつつも未来を見つめ、さらなるローヌワインの可能性を追求しています。
本 
No.2692
本体価格 (税込価格)
¥6,980-   (¥7,678- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ポール・ジャブレ
産地 コート・デュ・ローヌ
地域 エルミタージュ
葡萄品種 マルサンヌ65%、ルーサンヌ35%
年度 2004
種類
味わい 甘 ・ ・ ・ ・