K16FY_AK_00(赤)2016

ワインの詳細

■共栄堂ワイン(小林 剛士)
 ※恐れ入りますがクレジットカードでのお支払いをご遠慮いただければ幸いですm(_ _)m

 こちらは(共栄堂2016年冬リリースの赤)でSO2無添加バージョンです。
 飲んでいないので以下はつよぽんのコメントとなります。

 くすみをもち、エッジの薄い葡萄(エビ)色。微炭酸を感じます。やや浮いたアルコール臭と杉や松の香り。甘草・ナツメグ・やや唐辛子のような刺激。ドライアプリコットやプルーンとタールや灯油のような熟成香。熟成した桑の実とやや芝生も見えます。やや冷たい青さを感じる口当たり。口中では未熟な青い果実とややピーマン香。アルコールとともに柔らかいウッド、甘草や丁子のようなスパイスが湧きあがります。ちょっと鉛筆香とフラワリーも出ています。余韻はあっさり青みでまとめられるという感じです。
 カラーピーマンをあしらったサラダで、ドレッシングはナッツ系もしくはイチゴなどの果実を入れてもよいかと感じます。乾いた感覚が強いので、タンパク質よりも野菜がよいかと思います。
 細身のグラスでより酸を強調したほうがよいかと思います。温度も比較的低いほうがよいかと感じます。
 9月中旬からの収穫で、低温で約2週間の醸し発酵。以後は樽発酵・熟成です。少々白仕込みしたMBAと巨峰を加えています。

 「つよぽん四恩やめるってよぅ」

 から半年が経ちいよいよ新たなプロジェクトが動き出し始めました。

 四恩醸造は自社所有畑のぶどうのみを使ってワイン造りを行うということで、つよぽんはこれまで付き合いのあった葡萄栽培農家のソースを引き受け、山梨市牧丘町の三養醸造さんの醸造設備を使い自身のワイン造りを行っています。

 (共栄堂)コンセプト
 ワインやアルコールというよりも「食」及び世間の流れに惑わされない「豊かさ」を中心に社会提案していきたいと考えております。
 また、わたくし自身が山梨県の増富という田舎の過疎地域出身であることから地方の活性に重きを置かせていただきます。

 基本的商品は「FY(冬)」12月第1週日曜日発売。「HR(春)」3月第4日曜日発売。「NT(夏)」5月第1週日曜日発売。「AK(秋)」9月第4週日曜日発売を予定しています。
     おかげさまで完売いたしました

No.2817
本体価格 (税込価格)
¥1,500-   (¥1,620- )
容量 750ml
日本
生産者(社) 共栄堂ワイン(小林 剛士)
産地 山梨
葡萄品種 MBA+巨峰(約5%)
年度 2016
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重