マザーロック グルナッシュ2016

ワインの詳細

■マザー・ロック・ワインズ スワートランド ♪
 南アフリカといえば「大手が造る1000円以下の濃くて甘いインパクトだけのワインでしょ」と思っていた時期が私にもありました。
 そんな偏見を覆す機会がが酒屋仲間で有松にあるアンベロの秀ちゃんが直輸入するTHE AFRICAN BROTHERSのワイン達との出会いでした。
 最初輸入したてで飲んだときは荒れていてバラバラで全く味が乗っておらず大丈夫かなと思っていましたが3ヶ月後に飲んだところ落ち着いて全く別の液体に変貌していました。また3ヶ月ほどして飲みましたが更に見違えるほど良くなっており、秀ちゃんの味覚の確かさを信じるに至った次第です。

 首都圏で流行している南アのナチュラルワインですが、これが定着して先行した感のあるオーストラリアなどに並びフランスに追随することができるのか、ちょっと壮大ですがそのビジョンの力のひとつとして秀ちゃんは確実に一翼を担う男であると考えております。

 小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。その見た目からは想像を絶する魅惑で繊 細なワインを造る素晴らしい生産者。エルゼンバーグカレッジで醸造学と栽培学の学位取得。
 その後、カリフォルニアのナパ・バレー、セントラルコースト、ニュージーランドで特にピノノワール、シャルドネのワイン造りの基礎を勉強。 2008年に南アフリカに帰国し、タルバッハの小さなワイナリーでヘッドワインメーカー及びブドウ栽培家を担当すると数々の賞を受賞。
 2010年から現在まで、スワートランドのマウント・アボラにて醸造責任者兼自分のブランドのワインを造る。
 今後は、南アフリカのテロワールを表現し、トップクオリティのワインを生産することにより、世界に南アフリカは真剣にワイン造りをしているんだぞと示したい。

 西海岸のパールとマルムスベリーの間にある、パーデバーグ地域で育った1988年に植えられた畑や土に科学薬品の散布は一切無い、オーガニックのぶどうを使用。(樹齢28年)土壌はストラクチャーとフレッシュ感を構築するマルムスベリーの頁岩(けつがん)。収穫はすべて手積みで、2月の第1週目の早朝の涼しい時に行う。
 ストラクチャーと香りも持った、適切なpHと酸性度を出すために、ブドウは完璧な糖度レベルで収穫。発酵前に酸化はさせません。ぶどうは100%ホールバンチ、粉砕とパンチダウンは1日1回。約30度で10日間ほど発酵、その後、22日間、タンニンを調整するため、再発酵させます。
 4年以上のフレンチ古樽で、11か月熟成、その後、ワインをブレンドし、2016年4月にボトリング。ノン・フィルター。
本 
No.2976
本体価格 (税込価格)
¥3,250-   (¥3,510- )
容量 750ml
南アフリカ
生産者(社) マザー・ロック・ワインズ
産地 スワートランド
葡萄品種 グルナッシュ
年度 2016
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重