ルーク・ランバート シラー2017

ワインの詳細

■ルーク・ランバート ヤラ・ヴァレー
 ヤラ・ヴァレーでも最も冷涼なTibooburra Vineyard の畑から。花崗岩を含む赤黒い火山灰質。
 ルークが「ゆっくりとした成熟となった年で薫り高く理想的な酸度。間違いなく今まででベスト」と断言する2017VT。
 80%全房、野生酵母による醗酵。
 4000Lのフランス産古樽で熟成、ボトリング前に極少量のSO2を添加。
 ノンフィルター、清澄剤不使用。

 ルーク・ランバート

「Luke Lambert / ルーク・ランバート」。

類まれなる才能と確固とした信念に満ち溢れ、14 歳にして醸造家になることを心に決めた男。
彼が造りだす優美で洗練されたフィネスを讃えた、官能的とさえいえるワインはオーストラリアのみならず世界の先進的なダイニングシーンに多大な影響を与えており、もはや「ルーク・ランバート」の名前は次世代を象徴するアイコンとも言えます。
ルークはブリスペン生まれ。
ワインをこよなく愛する両親のもとで育ち、彼らがワインを語る上で使う情熱的で、時に神秘的な表現の数々に幼かった彼はすっかり魅了されてしまいます。高校を卒業すると2 年間ヨーロッパへと渡り、フランスやイタリアのワイン産地を頻繁に訪れます。
その中で彼が出会ったのは「土地について語るような」エレガントなワインたち。
 特にイタリアで出会ったネッビオーロ種から産まれる伝統的なバローロに運命的なものを感じます。

帰国後チャールズ・スタート大学で醸造を修めたルークはいよいよワインメーカーとして歩みを始めますが、若くして醸造家になると決めていた彼の頭には既に「自分がどんなワインを造りたいか」そして「どこならば造れるのか」について考え続けてきたビジョンがありました。
 そこで彼が選んだのが「ヤラ・ヴァレー」。
コールドストリームを含むオーストラリアとNZ のワイナリーで働きつつ、バローロの造り手「ジャコモ・プレッツァ」「コルデロ・ディ・モンテツェモロ」でもヴィンテージを経験。

 そして2004 年遂に自分自身のレーベル「ルーク・ランバート」を立ち上げます。
 自分の名前が入った仕事に誇りと責任を持っていた(自営業のエンジニアだった)父親の影響もあり、彼がレーベルに自身の名前を付けたのは自然なことでした。
 最初は小さなガレージで凍えそうになりながらワインに向き合っていたというルーク。
 優れた品質の畑からシラーとネッビオーロ(Nebbiolo は当時ヒースコート産)をリリース。
 瞬く間に高い評価を得るに至ります。
 現在ではシラーはヤラ・ヴァレーでも最も冷涼なテロワールを誇るTibooburra Vineyard の畑から、そしてネッビオーロは同じく冷涼かつ花崗岩質の土壌をもつDenton Vineyard の畑から生産されています。

 ルークのワイン造りにはあらゆる偉大な造り手に共通する「徹底したハードワーク」と「シンプリシティ」があります。
 自然には逆らわず、対話することでかつて自分が魅了された「土地を語るワイン」を造りだす。
 醗酵は野生酵母により、新樽は使わず、ボトリング前に極少量のSO2(20-30ppm以下)のみ添加。
 一見シンプルだからこそ、彼が如何に徹底した労力を費やしているか、その違いを我々はグラスの中に見てとれるのです。
 2015 年から自前の小さな醸造所を手に入れ、さらにヤラ・ヴァレーのある場所に土地を購入し自ら草を刈り開墾、2019 年から自社畑として始動を目指しています。
 植えられるのは、もちろん「Nebbiolo / ネッビオーロ」。
本 
No.3107
本体価格 (税込価格)
¥4,800-   (¥5,280- )
容量 750ml
オーストラリア
生産者(社) ルーク・ランバート
産地 ヴィクトリア州
地域 ヤラ・ヴァレー
葡萄品種 シラー
年度 2017
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・