Dela Fresca Frizzante デラ・フレスカ・フリッツアンテ 2018

ワインの詳細

■グレープ・リパブリック
 山形県南陽市産のデラウェア100%。 非常に暑く乾燥した夏の影響で、小粒で健全、糖度の高い葡萄を収穫。50%を房ごと優しく圧搾。30%はマセラシオンカルボニック、残り20%は2日間のスキンコンタクト。 ブドウの熟度、質の高さを全面に出した飾らないピュアなフリッツァンテ。

 日本のアンファン・テリブル「藤巻一臣」氏が率いるGrapeRepublic。
 「ブドウそのものよりブドウっぽい」と言われる個性と面白みのあるワインをリリースし日本ワインに新風を送り続ける今一番勢いのあるワイナリーのひとつ。

 以下はワイナリーのHPより抜粋
 土地ごとの気候、地勢、土壌のみならず、そこに暮らす人や、人々が育んできた文化をも含めたテロワールという概念。
 GRAPEREPABULIC/グレープリパブリックとは、それらを第一に考えたナチュラルワイン造りを行うワイナリーです。
 畑と醸造施設を構えるのは、北に丘陵、南に沃野が広がる山形県南陽市。1日を通して寒暖差が大きく湿度の低い気候と、水はけのよい地質を持つ、ブドウ作りに適した土地でありながら、昨今はあちこちに耕作放棄地が目立つようになってきています。
 ここを拠点に質の高いブドウとナチュラルワインを生み出すことで、新規就農者や新たなワイナリーを集め、増え続ける耕作放棄地を再生させたい。
 そして、ゆくゆくは南陽市の名産品とのコラボレーションやアグリツーリズムなども展開し、街全体で“GRAPEREPUBLIC=ブドウ共和国”といえるような一大ワイン産地を形成したい。それが私たちの想いです。
本 
No.3135
本体価格 (税込価格)
¥2,800-   (¥3,024- )
容量 750ml
日本
生産者(社) グレープ・リパブリック
産地 山形
地域 南陽市
葡萄品種 デラウエア
年度 2018
種類
味わい 甘 ・ ・ ・ ・