サントネイ"クロ・デ・アット"2017

ワインの詳細

■ドメーヌ ユベール・ラミー
 化学肥料は一切使わず、土壌のためのコンポストを与えています。葉の表面が太陽を最大限享受するためにパリサージュ枝の固定は高く1.4m。0.66ha 植密度2000本

 深みのある綺麗なルビー色。黒系果実とイチゴの香り。
 2017年ヴィンテージの印象は香りが豊富です。
 果実味と良く熟したタンニンがあり、テロワールの風格や生産者の実力が光るワインです。旨みが後半に感じられます。

 ユベール・ラミーの歴史は古く、ドメーヌは1640年に、サントーバン村でブドウの栽培を始めたという記録があります。先代のユベール氏は、彼の父親であるジャン・ラミーの元で働き、1973年に自らドメーヌ ユベール・ラミーを立ち上げました。それまでは主にネゴシアンであったため、自社畑は8ヘクタールほどにすぎませんでした。

 90年代にはクロ・ド・ラ・シャトニエール、デリエール・シェ・エドアール、ミュルジェ・デ・ダン・ド・シャン、クロ・デュ・メ、クロ・デ・ザートの畑を購入、賃貸契約で手に入れました。また、より土壌の特性に合うとしてラ・プランセの区画に植わっていたピノ・ノワールをシャルドネに改植もしました。

 1995年、まだアンリ・ジャイエが顔を覗かせていたメオ・カミュゼでワイン造りとマーケティングを学んだ息子のオリヴィエ氏が、ワイン造りを受け継ぎ、経験を生かした新しい手法で畑から醸造までドメーヌを運営しています。
本 
No.3454
本体価格 (税込価格)
¥5,800-   (¥6,380- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ドメーヌ ユベール・ラミー
産地 ブルゴーニュ
地域 コート・ド・ボーヌ
地区 サントネイ
葡萄品種 ピノノワール
年度 2017
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重