ブルゴーニュ・ルージュ2010

ワインの詳細

■ドメーヌ・デ・モンティーユ WA4つ星
 ヴォルネーとポマールに特化――運営するのは40代初めのエティエンヌ――父のユベールと同じく弁護士でもあるが、モンティーユ家は代々法曹関係者を輩出してきた――だが、ドメーヌに積極的に関わり始めた1990年代初期より有機農法による栽培に転換した。
 平均の収穫量はヘクタールあたり40ヘクトリットル、除梗は75~85パーセント、発酵は34度とかなり高めの温度まで引き上げ、ピジャージュは1日に6~8回と多めにおこないエキス分の抽出を計る。新樽の割合はおよそ30パーセントほどだが、近年その比率を減らす傾向にある。期間は20~24ヵ月間と長めにとる。

 上記のようなつくりのドメーヌは別段珍しくもないが、このモンティーユをモンティーユたらしめているのは、その生み出すワインのアルコール度数にある。
 それらのほとんどはアルコール度数12.5パーセントから13パーセント未満。
 ドメーヌでは長期間に渡っての熟成を可能にするため、糖と酸のバランスを殊の外重視しており、その結果として、極力シャプタリザシヨンを避けてのワインづくりをおこなうという状況に至った。13.5パーセント等は普通にみられ、なかには14.5パーセント等というアルコール度数も散見されるブルゴーニュにあって、このアルコール度数はドメーヌの大きな特徴のひとつとなっている。そのため、天候による制約は免れず、最近では2000年ヴィンテージのリリース――全てネゴシアンに売却――を見送っている。

 生まれるワインは市場に出回ってすぐの時点でも愉しめないことはないが、やはり数年から10年ほどの熟成を経ることをお勧めしたい。
 湿ったようでありながら、圧倒的なヴォリューム感で包み込むような香りと、ふくらみのあるシルキーで甘美な味わいの世界を体験できること請け合いである。
     おかげさまで完売いたしました

No.755
本体価格 (税込価格)
¥3,500-   (¥3,780- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ドメーヌ・デ・モンティーユ
産地 ブルゴーニュ
地域 ブルゴーニュ・ルージュ
葡萄品種 ピノノワール
年度 2010
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重