クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット2017

ワインの詳細

■ドミニク・グリュイエ
 ドザージュ4.5g/lのエクストラ・ブリュット。輝きのある黄金色。泡立ちよく、気泡のキメは細かく、持続性もある。白い果肉の果物、柑橘類、菩提樹の香り。時間とともにブリオッシュのような香ばしいニュアンスも。アタックはフレッシュでバランスよく、生き生きとしていながら複雑味もあり、奥深い味わい。

 ドミニク・グリュイエの両親が、1212年までその歴史を遡る、エピヌイユの「ドメーヌ・ド・ラベイ・デュ・プティ・カンシー」を手に入れたのは1990年。この年からドミニクがドメーヌに常駐し、ワイン造りを復活させた。

 このドメーヌはタンレイのラベイ・ド・カンシーと関係の深いシトー派修道院の建物で、ヌヴェール伯、オーセール伯およびトネール伯であり、後にコンスタンティノープルのラテン皇帝となるピエール・ド・クールトネイの寄付により、修道僧らの夏の住まい、かつワイン醸造用の倉庫として建てられた。
 13世紀にブルゴーニュ公妃マルグリットからさらに寄付を受け、ル・プティ・カンシーと呼ばれるようになり、さらに後にラベイ・デュ・プティ・カンシー、あるいはシャトー・デピヌイユと呼ばれるようになったという。

 ドミニクが栽培醸造家としてこのドメーヌを運営し、およそ20年かけて建物を修復。不順な気候の多い北部の産地にもかかわらず、2010年から100%ビオロジック栽培に転換を図り、2014年中に認証を得られる予定である。
本 
No.2670
本体価格 (税込価格)
¥2,080-   (¥2,288- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ドミニク・グリュイエ
産地 ブルゴーニュ
葡萄品種 ピノノワール40%、シャルドネ40%
年度 2017
種類
味わい 甘 ・ ・ ・ ・