ブルゴーニュ・ルージュ”ロンスヴィ”2013

ワインの詳細

■ドメーヌ アルロー
 モレ・サンドニに居を構えるドメーヌ「アルロー」は、1942年にジョセフ・アルロー氏によって創設され、1970年代から元詰めを始めたということです。

 その後、徐々に畑を拡張してゆき、現在ではモレ・サンドニを中心に、シャンボール・ミュジニーとジュヴレ・シャンベルタンの最良の区画に、約15haの畑を所有しているそうです。

 畑に植えられたブドウは、平均樹齢30~50年のもので、3代目当主となるシプリアン・アルロー氏が1998年にドメーヌを引き継いでからはリュット・レゾネ方式を採用し、2004年からはビオロジックに移行を決めたとのこと。耕作は馬によって行うなど、テロワールをより顕著に表現するために自然な状態にこだわった栽培を行っているそうです。

 醸造では、ステンレスタンクで低温マセラシオン醗酵を行うそうですが、これは過度の抽出を避けるための方法だとのこと。樽熟成では格付やヴィンテージによって新樽を30~60%使い、SO2の使用は極力避けていることから、果実のピュアな風味を楽しめるそうです。

 「ブルゴーニュ・ルージュ・ロンスヴィ」は、ジュヴレ・シャンベルタンにある約5haの畑で、もともとは「ジュヴレ・シャンベルタン」の名称でリリースされていたそうです。しかし、その後アペラシオン当局による法令で、こちらは「ジュヴレ・シャンベルタン」を名乗ることが不可とされ、結果「ブルゴーニュ・ルージュ」というラベルで世に送られることになったそうです。

 粘土石灰岩土壌の畑のうち、4haには1964~1965年に植えられたブドウが根を張っており、残りの0.88haには1986年植樹のブドウが育てられているそうです。
本 
No.2935
本体価格 (税込価格)
¥3,480-   (¥3,758- )
容量 750ml
フランス
生産者(社) ドメーヌ アルロー
産地 ブルゴーニュ
年度 2013
種類
味わい 軽 ・ ・ ・ ・ 重